インフルエンザ の予防接種|インフルエンザの症状にかからないための対策法とは
ウーマン

インフルエンザの症状にかからないための対策法とは

インフルエンザ の予防接種

看病

冬場に流行する病気で有名な病気の中にインフルエンザという病気があります。多くの方が感染しないために様々なインフルエンザ対策をたてるものかと思います。手洗いやうがいなど、基本的な予防方法の中で効果的なものをイメージすると、やはり病院などの医療機関で行われるインフルエンザの予防接種が挙げられるでしょう。しかし、注射は痛いものです。特にインフルエンザ対策の予防接種による注射は普通の注射より痛く感じると言われていますので嫌な人も多いかと思います。なぜ、予防接種による注射は痛いのでしょうか。その原因として注射の打ち手の上手い下手の違いが大きいと言われています。日本の予防接種の注射針は比較的に細く、刺す深さに関してもワクチンによりショックを減らすために皮下注射にしています。皮下注射は筋肉注射に比べ痛みが少ないのです。注射の打ち手の上手い下手以外の理由として幼い頃の注射の痛みをフラッシュバックしてしまい痛いと感じてしまうことがあるそうです。そういった時は極力、注射の針先を見ず力を抜いて別のことを考えましょう。

インフルエンザ対策の予防接種は自身が感染しないため、周りに感染させないためにも必要なものです。そのために多少の痛みは我慢し、インフルエンザの流行する時期がやって来る前には極力受けることをおすすめします。予防接種は2度注射をすることで感染確率を大幅に減少させることが出来るので、2回、痛みを我慢してしっかりとしてインフルエンザ対策をしていきましょう。