流行にむけて|インフルエンザの症状にかからないための対策法とは
ウーマン

インフルエンザの症状にかからないための対策法とは

流行にむけて

細菌

毎年、寒い季節になるとインフルエンザが流行し始めます。なぜ、寒い時期に流行し始めるのでしょうか。毎年、11月から12月頃から始まり、1月から3月頃に感染のピークを迎えます。気温が低く、乾燥している環境というのはインフルエンザにとって最高の環境といえます。それにより冬などの寒い時期に流行すると考えられています。逆に、高温で多湿の環境であればウイルスには最悪の環境になります。気温が低く乾燥する季節の場合、加湿器などを利用して湿度を保つことが感染対策へと繋がります。

しかし何故、毎年のように流行してしまうのでしょうか。それはウイルスの特性に関係があります。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があり、主にA型、B型のどちらかが流行するのです。A型、B型、C型それぞれの型にはヘマグルニチン、ノイラミニダーゼというものが備わっており、その組み合わせによってどの型になるかが決まります。その中でもA型はとても変異しやすく、新たなインフルエンザウイルスが発生し、流行しやすくなってしまいます。変異せず、同じ型のウイルスであればワクチンによる対策が可能ですが、変異が多い場合にはそのワクチンの製作が難しくなってしまいます。その結果、毎年のように感染が広まってしまうのです。ですが、インフルエンザ対策は不可能ではありません。感染の確率を大きく下げることが、病院などでの予防接種で可能です。一度の予防接種では64%、二度予防接種した場合は94%という高い確率の予防が可能になります。予防接種は感染が広がる季節が来る前に接種することで効果を得ることができます。前もって予防接種を受けることがインフルエンザ対策へ大きく繋がるでしょう。